眉毛専用の脱毛器

他にはないケノンの機能といえば眉毛の脱毛器です。

眉毛脱毛器

毛抜きのようなものでそれを使い一本ずつ抜いていくイメージです。
ですが、正直あまりいらないような気がします。

私は眉毛の脱毛をする気がなかったので、
余計にそう感じるのかもしれませんが使うのがかなり面倒そう。

ただ、一つ言えるのは、私は試しに一本だけ
脱毛してみたいのですが、簡単に毛が抜けます。
もしかしたら、通常の毛抜きより痛みがないかもしれません。

また、面倒ではありますが、眉毛の脱毛器をつかって、
Vラインを脱毛しても良いと思います。

まぁ、普通は使うわないですが、
普通の脱毛器より綺麗な形のラインが作れると思います。
もちろん、かなり面倒な作業ですが。

私個人的にはいらないのですが、
使いようによっては、気に入っている方もいますので、
利用してみるのもありです。

ケノンの弱点

ケノンの効果は多くの方が実感していると思いますが、
その反面デメリットも知りたいと思います。

正直私個人としては何にもデメリットを感じませんでしたが、
あえて言うとすれば、やはり価格ではないかと。

例えば、購入してお肌に合わなければ、
その時点でアウトです。オークションで売ることも出来ますが、
売れてもある程度お金は損します。

これがエステやクリニックなら、
テストしてみてお肌に合わなければ止められますが、
脱毛器を購入した場合そうはいきません。

また、お肌に合うか合わないかは使って見なければわかりませんので、
購入する前からではどうなるかわからないのです。

もし私のように知り合いの方がケノンを持っていれば
少し使わせてもらう事もできますが、
そうした方がいない確率の方が多いと思います。

ただ、お肌に合わないと言うのは、
確率的にはかなり低いと思います。

ただ、その少ない確率を気にして、
脱毛しないのか、もしくはエステにいってまったく脱毛できない状態にするのか
あなた次第です。

多分家庭用脱毛器を購入する方は、
少しでも安く脱毛したいと思い購入するので、
クリニックを利用しようと思う方はあまりいません。
大抵はエステサロンになります。

ただ、エステサロンの現状を知れば、
行って失敗したいと感じる方がほとんです。

ですので、十分に考えてからどうするのか決め手下さい。

鼻の下の脱毛

鼻の下の脱毛は最も苦戦したパーツです。
毛が薄いということがあり、他のパーツに比べ
効果を感じるのは遅かった印象です。

正確には数えていませんが、
20回くらい脱毛したと思います。

顔の場合は、火傷してシミになるのが怖かったので、
どうしてもレベルを下げて照射してしまいます。
それだと、パワーが落ちてしかも薄い毛ですから
中々反応してくれず、効果がいまいちだったと思います。

もしかしたら、レベル10で脱毛すれば、
もっと早く脱毛出来たかもしれませんが、
何せ私はビビリなので!!

また、私のような女性ならまだ良いですが、
男性の髭になるともっと大変だと思います。
痛みもかなりあると思いますし、時間もかかります。

そもそも鼻の下の脱毛に限らず、
顔の脱毛はクリニックでも難しいパーツです。
やはり家庭用やエステで脱毛するのは簡単ではありません。

どちらによせ、鼻の下やその他の顔の
気長に脱毛することです。
あせって脱毛しても良いことはありません。

脇の脱毛

ケノンの脇の脱毛について紹介します。
ケノンは、2週間に1回の頻度で脱毛すると説明書に書かれております。
私もとりあえず、その頻度を守り、徐々に毛が生えなくなってきますので、
そうなれば1ヶ月に1回、2ヶ月に1回としていきます。

大体極端に剛毛でなければ、
3回か4回脱毛すれば、毛が薄くなり、生えてきてもスルッと抜け落ちる感じになります。
10回目くらいでは、ほぼ脱毛が終わった感じになりましたが、
念のために後3回脱毛して、結局13回脱毛しました。

レベル10で照射

レベルはいきなり最大の10からです。
理由はレベルが高いほうが早く脱毛が終わるとおもったからです。

しかし、痛い!!!

特に脇は痛いほうで、
私はキンキンに冷やした保冷剤か、氷をビニール袋に入れたもので、
冷やしました。
感覚がなくなるくらいまで冷やしましたね(笑

そうすれば痛みもかなり軽減され、
レベル10でも照射できるようになりました。

どうしても駄目な場合は、エムラクリームと言う、
麻酔クリームが個人輸入のネットショップで購入できますので、
そちらを購入すればよいと思います。
私の知り合いの方で、痛みに極度に敏感な方はそうしてました。

ただ、痛みやレベルに関しいうと、ひとそれぞれ違いにますので、
まずはパッチテストをしながらはじめるのが良いでしょう。