ケノンは他製品よりもどのくらい良いの?

ここまでケノンについて色々お話していきましたが、
ケノンはものすごく良くて、逆に嘘くさく感じる方も多いと思います。
確かにそうした心理状態になることはわかります。

しかし、現実に本当に良いものですので、
それは仕方ありません。
無理に悪いところを見つけてもそんなにないのです。

まずケノンのお話をする前に他製品についてお話するのが良いかもしれません。

もちろん、ケノンの性能が良いと言えますが、
他の脱毛器の性能が高まってこないから、ケノンがよりよく感じてしまうという事も言えます。

例えば、他社の製品は必ずと言ってよいほど、
そこは改善しなくては駄目だろうという点があります。

●照射範囲が異様に狭く、脱毛するのに手間がかかったり、うち漏れが起きる
●脱毛力がなさ過ぎて、一時的にしか効果がない
●そもそもの作りがしょぼい
などあります。

確かにケノンクラスまで性能を上げるとすると
高い開発コストもかかり、ノウハウも必要となります。

しかし、なんだか本気で良い脱毛器を作るろうという意思が感じられないのです。

例えば、ケノンは国内の作られており、
非常に品質にこだわっております。

出力を高めるのに重要な役割がある、
コンデンサーやトンラスは特注で発注しており、
部品の精度は他社と全然違います。

詳しくは公表はしておりませんが、
他社の場合は、有り合わせで使っており、
しかも外国製で精度が悪かったりもします。

確かに海外で作ると低コストで大量に作ることはできますが、
脱毛器の性能という意味では悪くなります。

今世の中に出ている家庭用脱毛器で、
国内の部品を使い国内で製造しているのはケノンだけです。

つまり、冒頭でもお話したようにケノンが良い事はもちろんですが、
他社の脱毛器がいまいちだという事です。
これがケノンの良い情報が多いという真実です。

しかし、これからはわかりません。

脱毛市場は大きく、今はエステサロンが人気ですが、
これからは家庭用脱毛器やクリニックに比重が行くことになるでしょう。
その理由は裏情報になるのでここではお話出来ませんが、
そうなる可能性は高い。

そして、そうなるとしっかりとした脱毛器を開発する企業も増えてきて、
ケノンだけという事にはなりにくくなります。

とにかく脱毛器の信用性や信頼性を得たければ、
家庭用脱毛器業界全体を把握する必要があり、
それは個人では中々難しいのが現状です。

何故なら、本当に正しい情報は表に出てこないからです。

しかし、一つだけ言えることは、
ケノンは他の脱毛器はもちろん、エステサロンにも負けてない事は断言できます。