ケノンは産毛にも効果があるのか?

脱毛器の本当の力が試されるのは、どれだけ産毛を脱毛できるかです。
脱毛器は細くて薄い毛には効果を発揮しにくいので、
産毛の脱毛をするためにはかなりのパワーが必要です。

ではケノンで産毛の脱毛をできるのか?

結論をいうと出来ない産毛とできる産毛があります。
何処までを産毛とするのか定義は難しいですが、
近くで見ないとわからないくらいの産毛は脱毛できないと思います。

そうした産毛を脱毛するためには、
医療レーザー脱毛や絶縁針脱毛しかありません。
(共にクリニックでしか行えない脱毛)

ただ、指の毛くらいの細い毛ならケノンでも脱毛出来ます。

指の毛と言っても個人差がありますが、
薄い方でも十分に脱毛出来ます。

では背中の産毛はどうなのかという事ですが、
これも正直脱毛してみなくては何とも言えません。

どんな背中の産毛でも完璧に脱毛できるとは言いませんが、
毛が薄くてもケノンならある程度は綺麗に出来ます。

しかし、家庭用脱毛器では自分一人では脱毛できませんので、
だれかに手伝ってもらわなければいけませんが。

最後に顔の産毛ですが、これはケノンでは難しいと思います。
男性のヒゲなら問題ありませんが、
女性の薄い毛にはフラッシュの光が反応しない可能性があります。

もちろん、ケノンで難しいならエステサロンでも難しいです。
逆に言えば、エステサロンで脱毛できるならケノンでも出来るという事です。

ケノン以外の家庭用脱毛器で産毛の脱毛は出来るの?

残念ながら、ケノン以外の家庭用脱毛器で産毛を脱毛出来るものはないと思います。
トリアも脱毛パワーは高いのですが、産毛には反応が悪いのです。

ですから、産毛までしっかりと脱毛したいなら、迷わずケノンを使うしかありません。

しかし、中には産毛まで脱毛しなくても良いという方もいますが、
そうした方でもやはりケノンが良いのかとも思います。

確かにそこそこしっかりとした脱毛器なら
剛毛なら脱毛できますが、一時的な効果ですので、
すぐに毛が生えてきます。

対してケノンは一度脱毛が終われば
そんなに毛が生える事はないので、
脱毛パワーはかなりの物です。

とにかく本格的に脱毛したいなら、
家庭用ではケノンだけでしょう。